教員紹介

安川 雪子 教授 
博士(工学)(東京工業大学)

プロフィール

安川雪子

略歴
博士(工学),東京工業大学

工学院大学,信州大学を経て

2014年4月から現職
自己紹介

2014年4月に着任しました。東京都出身ですが,大人になるまで東京の観光名所には殆ど行ったことがありませんでした。

磁石の不思議なちからに引き寄せられたかのように,これまで超伝導,磁性,磁気記録など「磁性」をベースとした電子材料とナノテクノロジーを組み合わせた研究をしてきました。

最近はすべてが目まぐるしく移り変わり,何事もスピードが重要とされていますが,本当にそうでしょうか?良い研究・独創的な研究は一朝一夕には完成し得ないと思います。独創的な研究を築き,それを工学的な観点から社会の役に立てるのが夢です。

趣味・特技
料理,読書,スポーツ
受験生の皆さんへ
大学では夢を一杯思い描いてください。「今後自分はどうなりたいか」を考え,「なりたい自分」を目標に大学生活を送りましょう。「なりたい自分」を心に思い描くのに遠慮はいりません。狭い枠に自分を閉じ込めてしまうのはもったいない。大切なのは「今」そして「これから」です!

専門

  • 磁性材料
  • 磁気光学
  • 電磁ノイズ抑制

キーワード

  • 磁性光学材料
  • フェライト
  • プラズモン
  • 電磁ノイズ

研究内容

私の研究室では、磁気的な性質を示す磁性材料とよばれる材料を自分たちで作っています。 結晶や非結晶の磁性材料について研究していて、これらを環境問題やエネルギー問題を解決するために役立てることを目指しています。また従来にはなかった新しい原理で優れた機能をもつセンサ材料を作ることも目指しています。

安川雪子

安川雪子

安川雪子

2021年

学術論文、国際会議Proc.(査読あり)
  1. 1. Yukiko Yasukawa, Kouhei Nozawa, Taneli Tiittanen, Maarit Karppinen, Johan Lindén, Sagar E Shirsath, and Shin Yabukami, “Dynamical-magnetic behavior of anisotropic spinel-structured ferrite for GHz technologies, Scientific Reports, https://doi.org/10.1038/s41598-020-79768-z (2021).
  1. 2. H. Yamane, Y. Yasukawa, M. Kobayashi, “ Polar Kerr effect and perpendicular magnetic anisotropy in Fabry–Pérot cavity containing CoPt/AZO magneto-optical interference layer”, Journal of Applied Physics, vol. 129, 03902-1-203902-9 (2021).
  1. 3. Yukiko Yasukawa, Kouhei Nozawa, Taneli Tiittanen, Maarit Karppinen, Johan Lindén, Sagar E Shirsath, and Shin Yabukami, “Dynamical-magnetic behavior of anisotropic spinel-structured ferrite for GHz technologies”, Scientific Reports, https://doi.org/10.1038/s41598-020-79768-z (2021).

2020年

学術論文、国際会議Proc.(査読あり)
  1. Yukiko Yasukawa and Chitose Takahashi, “Creation of Materials Based on Novel Principles Utilizing an Interaction between Magnetism and Electromagnetic Waves —Dynamic Permeability of Magnetoplumbite-structured Ferrite with an In-plane Magnetic Anisotropy Through the Controlled-particle Orientations—”, Electrochemistry, vol. 88, pp. 515521 (2020).
  2. Aurelie Spiesser, Shintaro Kon, Yukiko Yasukawa, Shinji Yuasa, Hiroshi Imamura, and Hidekazu Saito, “Structural and magneto-transport properties of lattice-mismatched epitaxial Fe/SrO/MgO/Fe magnetic tunnel junctions”, Japanese Journal of Applied Physics, vol. 59, pp. 103001-1103001-5 (2020).

2019年

学術論文、国際会議Proc.(査読あり)
  1. Hidekazu Saito, Sai Krishna Narayananellore, Norihiro Matsuo, Naoki Doko, Shintaro Kon, Yukiko Yasukawa, Hiroshi Imamura, and Shinji Yuasa, “Tunneling Magnetoresistance and Spin-Dependent Diode Performance in Fully Epitaxial Magnetic Tunnel Junctions with Rock-salt Type ZnO/MgO Bilayer Tunnel Barrier”, Physical Review Applied, vol. 11, pp. 064032-1064032-10 (2019).
  2. Yuichi Fujita, Yasufumi Matsuzaki, Shintaro Kon, Yukiko Yasukawa, Hiroki Koizumi, Hideto Yanagihara, and Hidekazu Saito, "Improvements of surface morphology and electrical transport properties of single-crystalline In2O3(111) thin films by postgrowth annealing", Japanese Journal of Applied Physics, vol.58, pp. 030909/1~030909/4, (2019).
  3. Ryosuke Hara, Haruki Yamane, Yasuyoshi Isaji, Masanobu Kobayashi, Akimitsu Morisako,Xiaoxi Liu and Yukiko Yasukawa, "Magneto-plasmonics on perpendicular magnetic nanostructures consisting of a CoPt layer and noble-metal grains for chemical sensing applications", Materials Transactions, vol.60, in press, (2019).

2018年

学術論文、国際会議Proc.(査読あり)
  1. 原 亮介, 山根 治起, 伊佐地 育圭, 小林 政信, 森迫 昭光, 劉 小晰, 安川 雪子:「TbFeCo 薄膜における有効元素量と磁気物性の相関」, 日本金属学会誌, Vol.82, pp.140~146, (2018)
  2. Norihiro Matsuo, Naoki Doko, Yukiko Yasukawa, Hidekazu Saito, and Shinji Yuasa, "Epitaxial growth of MgO/Ga2O3 heterostructure and its band alignment studied by X-ray photoemission spectroscopy", Japanese Journal of Applied Physics, vol.57, pp. 070304/1~070304/3, (2018).
  3. H. Yamane, K. Takeda, Y. Isaji, Y.Yasukawa, and M. Kobayashi, "Magneto-plasmonics on perpendicular magnetic nanostructures consisting of a CoPt layer and noble-metal grains for chemical sensing applications", Journal of Applied Physics, vol.124, pp. 083901/1~083901/9, (2018).
  4. Sagar E. Shirsath, Xiaoxi Liu, M. H. N. Assadi, Adnan Younis, Yukiko Yasukawa, Sumanta Kumar Karan, Ji Zhang, Jeonghun Kim, Danyang Wang, Akimitsu Morisako, Yusuke Yamauchi and Sean Li, "Au Quantum-Dots Engineered Room Temperature Crystallization and Magnetic Anisotropy in CoFe2O4 Thin Film", Nanoscale Horizons, vol.124, pp.DOI: 10.1039/c8nh00278a/1~DOI: 10.1039/c8nh00278a/11, (2018).

2016年

学術論文、国際会議Proc.(査読あり)
  1. Yukiko Yasukawa, Xiaoxi Liu, Sagar E Shirsath, Hisayuki Suematsu, Yukio Kotaki, Yoshio Nemoto, Masaki Takeguchi, and Akimitsu Morisako, "Control of the spatial distribution and crystal orientation of self-organized Au nanoparticles", Nanotechnology, Vol 27, pp.38605/1~38605/12, (2016).
  2. Sagar E. Shirsath, Xiaoxi Liu, Yukiko Yasukawa, Sean Li, and Akimitsu Morisako, "Switching of magnetic easy-axis using crystal orientation for large perpendicular coercivity in CoFe2O4 thin film", SCIENTIFIC REPORTS, 6, Article number 30074, pp. 30074/1~30074/11, (2016).

2014年

学術論文、国際会議Proc.(査読あり)
  1. Sagar E. Shirsath, Yukiko Yasukawa, Ali Ghasemi, Xiaoxi Liu, and Akimitsu Morisako,
    “Bi2O3 liquid phase assisted and Mn substituted permeability and magnetic properties of Ni-Cu-Zn ferrite for multilayer chip inductor application”
    Journal of Applied Physics, Vol. 115, pp. 17A515-1/17A515-3 (2014).
  2. Ryo Kurosawa, Tsuneo Suzuki, Tadachika Nakayama, Hisayuki Suematsu, Koichi Niihara, Shigeo Satokawa, Yukiko Yasukawa, and Xiaoxi Liu,
    “Variations in the saturation magnetization of nanosized NiFe2O4 particles on adsorption of carboxylic acids”
    Journal of Asian Ceramic Societies, Vol.2, pp.41-43 (2014).
学術論文、国際会議Proc.(査読なし)
  1. 非平衡系が実現する超高密度Auナノ秩序構造(依頼執筆のため査読なし)
    安川 雪子
    (学術)技報 こまくさ, No. 12, pp. 6-12 (2014).
  2. 女性研究者リレーエッセイ 「傘と長靴を借りたら,歩いて行こう」(依頼執筆)
    安川 雪子
    Electrochemistry, Vol. 82, No. 11, pp. 1025-1027 (2014).
受賞
  1. 電気学会 東京支部主催 第7回学生研究発表会 優秀賞 (指導学生が受賞)「CoFe2O4 + BaTiO3の作製」 2016年8月
  2. 電気学会 東京支部主催 第8回学生研究発表会 優秀賞 (指導学生が受賞)「高周波用Ba(Fe,Co,Ni,Ti)12O19六方晶フェライトの開発」2017年9月
  3. 工学院大学校友女性躍進賞 2017年10月(工学院大学)
  4. 電気学会 東京支部主催 第9回学生研究発表会 優秀賞 (指導学生が受賞)「導電性酸化物を用いた単結晶磁気トンネル接合の作製」 2018年8月
  5. 第79回 応用物理学会秋季学術講演会 Poster Award 「Auナノ粒子に誘起される遷移金属-希土類アモルファス薄膜の磁気物性」 2018年9月(公益社団法人 応用物理学会)
  6. 第42回日本磁気学会学術講演会 Poster Award 「CoPtAgナノ構造体における局在プラズモン共鳴と磁気光学特性」 2018年9月(公益社団法人 日本磁気学会)
  7. 2019年度女性躍進賞 「磁気と電磁波の相互作用を利用した新しい原理に基づく材料の創成」 2020年3月(公益社団法人 電気化学会)
社会・学会活動
  1. 公益社団法人電気化学会 関東支部 幹事 2009年4月~2010年3月
  2. 公益社団法人電気化学会 2010年電気化学秋季大会 実行委員 2010年9月
  3. 公益社団法人 日本磁気学会 総務委員 2013年5月~2020年5月
  4. 信州大学スピンデバイステクノロジーセンター オブザーバー 2014年4月~現在に至る
  5. The 5th International Symposium on Organic and Inorganic Electronic Materials and Related Nanotechnologies プログラム委員 2014年4月~2015年6月
  6. 公益社団法人 日本磁気学会 新技術・新製品賞 選考委員 2014年5月~2016年5月
  7. 公益社団法人 日本磁気学会 学生講演賞 選考委員 2014年5月~2016年5月
  8. 科学技術振興機構主催 サイエンスアゴラに出展 「磁石のたまご~磁石から生まれる未来の地球」(出展審査あり) 2014年11月
  9. 内閣府・男女共同参画推進連携会議・日本女性科学者の会主催 「あなたが創る未来に向けて 理系の資格と仕事」 ファシリテータ 2014年12月
  10. 一般社団法人 日本女性科学者の会 理事 2015年5月~2018年5月
  11. 日本磁気学会 超高感度マイクロ磁気センサ専門研究会 世話人 2015年6月~2017年6月
  12. 電気化学会 男女共同参画推進委員 2016年4月~2018年3月
  13. 電気化学会 男女共同参画推進委員 2018年4月~現在に至る
  14. 日本磁気学会 超高感度磁気センサ専門研究会 世話人 2018年9月~現在に至る
  15. NanoWorld Conference-2020  Committee member 2019年6月~2020年4月
青少年啓蒙活動
  1. 公益社団法人日本磁気学会 公開講演会 2013年~2019年 (公益社団法人 日本磁気学会)
中高生出前講義
  1. 「磁石とつながる私の未来」 千葉県立行徳高等学校 2014年10月9日